FC2ブログ

ソロモンの指環

『ソロモンの指環』というのを聞いたことがありますか?
この指輪を使えばあらゆる動植物の声を聞くことができる…という、動物行動学者のコンラート・ローレンツも欲しがった、動物好きには欲しくてたまらない指輪です(紀元前に作られたお話しに出てくる架空のものです)。
この指輪があったら、私はペットのウサギやチンチラよりも先に、野生動物たちと話をしてみたいです。それは、野山で様々な野生動物と出会っていても、ほんの一瞬の時間しか共有することができないため、彼らの行動の意味が分からないことだらけだからです。緊急保護や研究等で飼育をしていて24時間彼らを見ていても、彼らの気持ちや一生のできごと(いつ・どこで・何を考えて行動しているのか等)を知ることはできません。
ソロモンの指環で話してみたい題材は山ほどありますが、やはり一番は「恋バナ(恋愛の話)」がしてみたいです。というのも、長い時間のぞき見をしていると、人間顔負けの恋愛模様をかいま見ることができるからです。

やまね1

メスにアピールしすぎて、しつこくて怒られるシカのオス。そして振られたオス同士でかたまって、「みんな抜けがけはしないよねー」と言わんばかりに遠巻きにメスを眺めている姿。年功序列に従わない若メスを寄ってたかっていじめるお局メスたち。若いもんには負けないぞ~! と見栄を張っている初老のリーダー的オス猿に良い顔しながら、陰で若い雄といちゃいちゃするメス猿。子育て中のメスのカモシカが好きすぎるけれど、近くに寄ると嫌がられるので、ちょっと離れて様子をうかがいながらついて歩くオスのカモシカ。
野生動物のパートナー選びは、未来に残っていける子供(遺伝子)を残せる相手を選ぶためで、嫉妬や独占欲、さみしさや虚栄心、くやしさや喜び…といった複雑な恋愛感情はないのでは?と思いますよね。もちろん私も感情移入をおさえて、なぜこの動物がこのような行動を取ったのかを先に考えます。それでも、「あ、今やっぱりメスに振られてへこんでいるな」と思わずにはいられない行動が見えてくるのです。  
ソロモンの指輪がないので、過去の報告事例から行動の意味を推測するのですが、私は動物に出会ったときに、その動物になりきった気持ちで「ふきだし」をつけてみます。みなさんも2個体のヤマネが写っている写真を見て「ふきだし」をつけてみませんか? (因みにヤマネとは、ピンポン玉大の木の上で生活するネズミの仲間で、国の天然記念物、山形では絶滅危惧種に指定されている動物です)この2個体のヤマネ、左上の入り口をふさいで寝ているのがオスのヤマネで、右下で寝ているのがメスのヤマネです。季節はちょうど恋のシーズンです。ヤマネがこんな行動をとることは、これまでに報告されていません。因みに下のメスはオスに向かって少し怒って(威嚇音)鳴いていました。さて、あなたなら、このヤマネ達にどんな「ふきだし」をつけますか?

やまね2


最後に。ソロモンの指環があったら聞いてみたいことは山ほどありますが、ヒトという動物をどう思っているかも聞いてみたいです。何とも思っていないのか、はたまた迷惑がっているのか、恐れているのか、歓迎してるのか…ヒト同士でも相手の気持ちを直に聞くのはためらってしまいますし、一人一人生きてきた環境や経験で答えは異なるでしょうが、同じ動物同士で語らう『直撃! ソロモンの指環会議』のようなものがあったら、質問攻めでしつこいと嫌われるのを覚悟で出席してみたいです。 (了)

やまね3

■やまがたヤマネ研究会 ホームページ
https://yamagata-yamane.jimdo.com/
■Facebook ページ
Wildlife Partnership Office やまがたヤマネ研究会
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぷらっとほーむ 「まどあかり」編集部

Author:ぷらっとほーむ 「まどあかり」編集部
山形市にある「NPOぷらっとほーむ」の〈若者の居場所づくり活動支援事業〉のブログです。
山形県内各地で活動している若者団体や個人のインタビュー、イベント情報や参加レポートなどを随時更新していきます。

2016年度の本事業は、〈一般財団法人 人間塾〉の助成を受けて取組んでいるものです。
〈一般財団法人 人間塾〉

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
その他カテゴリ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
まどあかりカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR