FC2ブログ

予告〈若者活動ゼミナール@最上〉 開催のお知らせ

長らくブログの更新滞ってしまい失礼しました。
今年度も本事業では、フリーペーパー「まどあかり」の発行と、若者団体の事例検討学習会を県内4ブロックで開催していきます!運営メンバーも増え、「『まどあかり』編集部」として活動していきますので、どうぞよろしくお願いいたします*

では、今年度一発目の研修会のお知らせです。

〈若者活動ゼミナール@最上〉
6月28日(土)に、新庄市のゆめりあ会議室にて。
事例発表団体等の詳細は後日お知らせします!
スポンサーサイト



『東電テレビ会議49時間の記録』市民上映会 @フォーラム山形

東電1

◆これ以上バカにされないために
去る4月12日(土)、山形市内の映画館「フォーラム山形」を舞台に開催された、市民有志によるドキュメンタリー長編『東電テレビ会議49時間の記録』の自主上映会に、「ぷらっとほーむ」メンバーのみなさんといっしょに参加してきました。
映画は、3年前の3月12日から14日までの49時間に及ぶ東京電力のテレビ会議の映像資料をまとめたもの。
前後編、休憩をはさんで約3時間半の長丁場でしたが、目の前で刻々と繰り広げられる緊迫した状況とその衝撃の内容とで、あっという間に感じるほどでした。
上映後に、「ぷらっとほーむ」共同代表の滝口さんが聞き手をつとめて、この映画を制作した「OurPlanetTV」代表の白石草さんと「朝日新聞」記者の木村英昭さんのトークがありました。
映画の公開までの経緯についてお話いただいたところによると、この未曾有の大事故を検証するうえで欠かせない、大変貴重な一時資料であるこの長編映像は、白石さんの団体の計3名のスタッフと、木村さんともう一人の計2名の記者という本当に少人数の方々の努力のおかげで、わたしたちに届けられたものでした。
この映画を観ると、自分たちが大事な問題を専門家まかせにし、その結果莫大なツケを払わされることになったことを痛感させられます。
垂れ流されている情報を鵜吞みにするだけでは、わたしたちはバカにされてウソの情報や都合の良い情報しか受け取れなくなってしまいます。
この映画を上映するためのフィルム代はなんと破格の2万円だそうです。
この映画を少しでも多くの人の目に触れてもらうための働きかけをすることは、そんなにハードルの高くないことだと思います。
この映画は、自分たちのメディアリテラシー能力について考えさせられる貴重な体験となりました。    
(文責:小林澄子)
東電
◆シティズンシップのバトン・リレー
この上映会は、徹頭徹尾、市民性(シティズンシップ)の基盤の上で実現したものである。
一人の市民として「事実を知りたい」と秘匿資料の公開要請を行ってきた木村さん。
その結果公開された映像資料を広く市民に観てもらおうとドキュメンタリー映画に編集した白石さん。
 そしてその映画を、ヤマガタの人びとに観てもらおうと自主上映会を企画した「山形国際ドキュメンタリー映画祭」事務局長の高橋卓也さん。
そんな高橋さんたちの思いに共鳴し、会場を提供した市民派の映画館「フォーラム山形」の長澤さんご夫妻。
思いに突き動かされた上記の人びとを結節点とするバトン・リレーの果てに、この映画は私たちのもとに届いた。
映像資料そのものに触れることももちろんだが、こうした場への参加それ自体が、シティズンシップを学ぶ貴重な機会であると思う。   
(文責:滝口克典)
プロフィール

ぷらっとほーむ 「まどあかり」編集部

Author:ぷらっとほーむ 「まどあかり」編集部
山形市にある「NPOぷらっとほーむ」の〈若者の居場所づくり活動支援事業〉のブログです。
山形県内各地で活動している若者団体や個人のインタビュー、イベント情報や参加レポートなどを随時更新していきます。

2016年度の本事業は、〈一般財団法人 人間塾〉の助成を受けて取組んでいるものです。
〈一般財団法人 人間塾〉

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
その他カテゴリ
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
まどあかりカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR