FC2ブログ

ヤマガタ型ファシリテーションはじめました!

「ファシリテーション」という言葉をご存じだろうか。英語で、促進する、促す、進める、といった意味の言葉で、会議の司会やワークショップ(参加型の場)の進行役など、ファシリテーションの役目を担う人のことを「ファシリテーター」と言う。ともに近年、さまざまな文脈で使われ、急速に知られるようになった言葉だ。
 数年前より、さまざまな分野で「ファシリテーション・スキル」を使って仕事をしていたり、「ワークショップ」という名前で活動の場を開いていたりする人びとが、なんとなーくゆるくつながり知り合うようになり、「ファシリテーション」や「ワークショップ」の話題で話すことも多くなった。

「へえ、そっちではそんなふうにファシリテーションの方法を使ってるんだ」
「うちでは、こんな感じのワークショップを開いてますよ」
「え、そういうのもファシリテーションっていうの?」
「そっか、そういうのもありか。いやあ、勉強になるわぁ」

…などなど、それぞれの文脈のちがいが新鮮で面白いので、いちど話題になるとどこまでも話のネタが尽きない。だったら、いろんな分野でファシリテーションを実践している人たちで、それぞれの知識や技術、実践事例をもちより、ファシリテーションの勉強会をしよう。そんな呼びかけがあり、「いいね、おもしろそうだ」ということで、昨年の春より、毎月1回くらいのペースで、われらが「やまがたファシリテーション・ネットワーク」の活動がスタートした。

 昨年度は1年かけて、メンバーそれぞれが手持ちのワークショップを実演、他のメンバーがそれを参加・体験し、講評を行うという演習形式で、さまざまな分野におけるファシリテーションを学んできた。地域づくり、福祉、市民活動、アート、ファシリテーショングラフィク、会議運営、ブレインストーミングなど、毎回さまざまなテーマをたて学んできたというのも大きいが、何より、メンバーそれぞれが互いの手の内を見せあいながらともに学んでいくというスタイルのなかで、メンバー間にゆるやかな信頼感や安心感のようなものが芽生えてもきたように思う。この仲間といっしょに活動していくんだ、というような。

 そうした1年間を経て、2017年度は、会のミッションを「包摂的な社会づくりに欠かせないファシリテーターを地域の中で増やしていく」(大意)と確定。その目的のもと、山形におけるファシリテーションのリアルな実践例を可視化するべく、7月1日(土)13:30より山形市市民活動支援センターにて、ファシリテーションやワークショップに興味をお持ちの一般の方がた向けに、シンポジウム&ワールドカフェを開催することにした。名づけて「ヤマガタ型ファシリテーション発進!」。

 従来この分野では、中央から有名なファシリテーターを招いて講演、みたいな企画ばかりが横行してきた。しかしその多くは、東京モデルの事例ゆえに地方で実践するにはかなり無理があり、参加者がもち返るのは有名人とお近づきになったぞというステイタスのみ、みたいなのが繰り返されてきたように思う。

それでは意味がない。私たちに必要なのは、山形モデルのファシリテーションであり、そのための具体的なヒントとなる実践事例である。ということで、実際にヤマガタのさまざまな分野で活躍しているファシリテーターのみなさんをパネリストに、事例報告とパネルディスカッションを行うこととした。自分で言うのもなんだが、かなり刺激的なトークイベントになると思う。ぜひご参加してほしい。   (了)
スポンサーサイト



プロフィール

ぷらっとほーむ 「まどあかり」編集部

Author:ぷらっとほーむ 「まどあかり」編集部
山形市にある「NPOぷらっとほーむ」の〈若者の居場所づくり活動支援事業〉のブログです。
山形県内各地で活動している若者団体や個人のインタビュー、イベント情報や参加レポートなどを随時更新していきます。

2016年度の本事業は、〈一般財団法人 人間塾〉の助成を受けて取組んでいるものです。
〈一般財団法人 人間塾〉

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
その他カテゴリ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
まどあかりカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR