FC2ブログ

“お菓子”を通してつくる 親子同士がつながれる居場所

あみゅーず1

あみゅーず2


Am遊’s (あみゅ~ず)とは?
南陽市の若者団体「Am遊’s (あみゅ~ず)」です。平成21年に南陽市教育委員会が主催した青年がまちづくりのアイディアを競い合う青年教育推進事業「夢はぐくむ故郷(まち)南陽コンペティション」に参加したことをきっかけに結成し、今年で活動9年目となります。

●親子同士が交流できる場を
市内で親子同士が交流できる機会(場)が少ないという地域の課題を見つけ出し、活動開始以来、親子の交流という視点で、一貫性のある取組みを実施してきました。多くの親子に楽しんで参加してもらえるよう、「お菓子の家づくり」や「駄菓子屋ひろば」など、親子で協力し、また、子ども自身が意欲的に参加できるようユニークなイベントを企画しています。

●お菓子を通した多彩な交流の場の創出
「お菓子の家」づくりは、毎年クリスマスの時期に開催しており、スポンジケーキで形づくった壁や屋根にチョコレートやクッキーなどのお菓子で飾り付けをしたり、いちごでサンタクロースを作ったりとオリジナルのお菓子の家を作って楽しんでもらっています。毎回定員を超える申し込みがある人気イベントとなっており、イベントの告知前からの問合せなどもあることから、市民の認知度は上昇しています。参加した子どもからの反応も良く、また、大人達が子ども達の持つ創造性に気づくことができる機会にもなっており、共同作業を通じて、親子の絆が一層強くなったと、親御さんからも好評を得ています。

また、「駄菓子屋ひろば」では、地域のお祭り行事などに併せて駄菓子屋を出店しており、地域に根差したかたちで、多様な体験・交流の場を多くの子供達に提供しています。この取組みは、「出張版」として市外に赴いての活動も実施しており、行く先々でのイベントの賑わいづくりや、親子同士の交流の機会の創出に貢献しています。

これまでの活動を評価いただき、平成26年度には山形県の「輝けやまがた若者大賞」受賞、平成27年度には内閣府の「チャイルド・ユースサポート章」を受章することができました。これからも、親子の交流の場づくりを積極的に行っていきたいと思います。

あみゅーず3


Am遊’s (あみゅ~ず)Facebook
https://www.facebook.com/nanyoamuse/
スポンサーサイト



プロフィール

ぷらっとほーむ 「まどあかり」編集部

Author:ぷらっとほーむ 「まどあかり」編集部
山形市にある「NPOぷらっとほーむ」の〈若者の居場所づくり活動支援事業〉のブログです。
山形県内各地で活動している若者団体や個人のインタビュー、イベント情報や参加レポートなどを随時更新していきます。

2016年度の本事業は、〈一般財団法人 人間塾〉の助成を受けて取組んでいるものです。
〈一般財団法人 人間塾〉

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
その他カテゴリ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
まどあかりカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR