FC2ブログ

〈居場所〉合同研修

去る9月21日(日)と22日(月)、福島県猪苗代町の国立磐梯青少年交流の家にて行われた「〈居場所〉合同研修」に参加してきました。

この一泊二日の研修は、福島で子ども・若者の〈居場所〉づくり活動に取り組んでいるNPO法人ビーンズふくしまさんが中心となって開かれたもので、ビーンズさんと兼ねてから交流があり、同じく 〈居場所〉づくり活動を行っている各地のNPO団体――同じく福島から寺子屋方丈舎さん(二日目から参加)、東京からは文化学習協同ネットワークさん、そして山形からは私たちぷらっとほーむが参加しました。

〈居場所〉づくりと言っても各団体によってその取り組みは様々。
異なる団体のスタッフ同士が直に交流を図りながら、それぞれの活動や、その活動に込められた「ねらい」や「ねがい」を共有し議論することで、〈居場所〉が持つ価値や意味を改めて明確にしていこうというのが今回の研修の趣旨になります。

居場所合同研修①
 
研修一日目は、各団体が〈居場所〉づくりに関する自分たちの取り組みのプレゼン。
ビーンズさんは、子どもたちが多様な経験や学びを通して生きる力を育めるような〈居場所〉づくりを行っているフリースクールや、若者同士の交流の場を創造するピアサポートの取り組みなどを紹介。
協同ネットさんは、子どもたちが学校以外で集えて、なおかつ安心できる〈居場所〉を提供するフリースペースコスモの活動。
また、生活保護世帯の子ども・若者の家庭訪問、相談活動を行うアウトリーチ事業などの発表を行いました。
各団体の活動内容に対する質問も活発になされ、非常に有意義なセッションとなりました。

こうして一日目の研修は終了。
夜には交流会も設けられており、スタッフ同士が個人の背景をより深く知れたのではないかと思います。

研修二日目は寺子屋方丈舎さんも合流して、前日のふりかえりから始まりました。そのあとに各団体の代表者4名によるトークセッション。
〈居場所〉の原体験などを語り合います。

居場所合同研修②


その後、参加者がそれぞれ興味のあるテーマごとにグループをつくって〈居場所〉づくりに関する話し合いを2セット行いました。

前半、編集部は「〈居場所〉の力」について話し合うグループに参加。居場所とは何か? というそもそもの問いから始まり、「安心・安全・自由が保証されている場所」「精神的な疲労を回復できる場所」など様々な意見が出されました。
後半も編集部は引き続き同じテーマのグループに参加し、前半で挙がったキーワードをさらに深く掘り下げて議論しました。
この議論を通して、〈居場所〉とは基本的に誰が来てもよいことが前提ですが、さらに訪れた人が心から安らげるような環境こそ、真の居場所なのだということを学ぶことができました。
 
二日目のセッションはここまで。
インプット中心だった一日目と比べて、二日目はトークセッションやグループごとのディスカッションなど、アウトプットの作業がメインとなりました。

一泊二日という短い時間ながらも密な交流の中で、〈居場所〉づくりに関する思いを共有でき、それぞれの中で新しい気づきや学びがあったのではないかと思います。
また、今回は福島にて行われた〈居場所〉合同研修ですが、来年度は山形でも開催することが決定しました!
山形でも今回の研修ように、〈居場所〉の価値や意味を参加者同士で議論し、深め合いたらと思います。 
(文責:大原克彰)
スポンサーサイト



プロフィール

ぷらっとほーむ 「まどあかり」編集部

Author:ぷらっとほーむ 「まどあかり」編集部
山形市にある「NPOぷらっとほーむ」の〈若者の居場所づくり活動支援事業〉のブログです。
山形県内各地で活動している若者団体や個人のインタビュー、イベント情報や参加レポートなどを随時更新していきます。

2016年度の本事業は、〈一般財団法人 人間塾〉の助成を受けて取組んでいるものです。
〈一般財団法人 人間塾〉

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
その他カテゴリ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
まどあかりカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR