FC2ブログ

政治家と語る会 第1回

政治家と語る会』は〈ぷらっとほーむ〉が若者の学びの場づくりの一環として月1回のペースで開催している、政治家をゲストにお招きしてお話を伺う政治学習を目的としたイベントです。
今年度の第1回目は4月19日(土)14:00より、ぷらっとほーむ本館(山形市緑町)にて開催されました。
ゲストにお越しいただいたのは前・参議院議員の舟山康江さんです。
ぷらっとほーむの共同代表(滝口克典、松井愛)がお話の聞き手をつとめ、参加者10名で始められました。

はじめに、現在活動されている「置賜自給圏構想を考える会」のお話などを含めた、地元の農政の見通しやあるべき姿についてお話を伺い、公共事業に頼るのではなく地元の生産物や再生エネルギーを地元で消費する運動を通して地域の活性化と経済推進をはかる必要性についてのお話を伺いました。
わたしたちも、同じものを買うなら地域のお店でかうなど、小さなお金の使い方から地域の経済を支える、足もとからの活動の大切さについて考えさせられました。

その後、3.11当時の舟山さんの活動についてお話を伺いました。
原発事故に関するプロジェクトを立ち上げ、ベラルーシの大使をお呼びして勉強会を行うなど、事故後かなり早い段階から国民の命と財産を守るために必要な提言を行われていたというお話を伺いました。
それらの提言が政府に受け入れられたとはいえず、現在まで続く問題として残されたままとなっています。

その後、政府と与党内の党員の立場の違いなどによる、大きな決定の路線変更の難しさに対して、マスコミが機能しないなかでいかに市民の声を上げることが大切か、若者の政治離れ、投票率の低いことが為政者にとって思うツボでしかないことなど、考えさせられるお話でした。

参加者からは、なぜ原発事故問題の提言が政府に届かないのか、若者の政治離れの理由の一つとして当時の民主党政権の政策に対する失望から、どの政党に投票しても結局何も変わらないという気持ちが芽生えたということに対してどのようにお考えになるか、山形の高齢者問題について、などの質問が出され、活発に議論がなされました。

舟山さんはわかりやすい言葉で、とても丁寧にお話しくださり、政治のよくわからない部分についても、わたしたちにとって非常に身近な問題であるということを気づかせてくださいました。普段じかにお会いする機会も少ない政治家の方からお話を聞くことができ、貴重な体験となりました。

(文責 小林 澄子)
スポンサーサイト



プロフィール

ぷらっとほーむ 「まどあかり」編集部

Author:ぷらっとほーむ 「まどあかり」編集部
山形市にある「NPOぷらっとほーむ」の〈若者の居場所づくり活動支援事業〉のブログです。
山形県内各地で活動している若者団体や個人のインタビュー、イベント情報や参加レポートなどを随時更新していきます。

2016年度の本事業は、〈一般財団法人 人間塾〉の助成を受けて取組んでいるものです。
〈一般財団法人 人間塾〉

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
その他カテゴリ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
まどあかりカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR