FC2ブログ

山王ナイトバザール


山王ナイトバザール①

鶴岡市山王商店街で、5月〜10月の第3土曜日に開催されている「山王ナイトバザール」。
午後6時30分〜9時まで行われ、誰でも自由に出入り可能。
100年以上続く老舗や、モダンな建物が連なる商店街の端から端まで、たくさんの出店が並び、毎回大勢の人で賑わっています。
この夜のお祭りは、今年で21年目。
お客さんは、庄内、他地方、県外と、さまざまなところから訪れているようです。

今回、編集部が参加したのは、7月19日の「山王ナイトバザール」。
ライトアップされた山王商店街に一歩足を踏み入れると、レトロな雰囲気に包まれます。
通りにずらーっと並ぶ出店の間を老若男女が行き交い、ざわめきに混じってどこからかムーディーな音楽が聞こえ、まるで映画の世界に迷い込んだみたい。
本屋の前では古本、和菓子屋の前ではお団子、眼鏡屋の前ではサングラスなど、商店街に元々あるお店の前では、その店の特色ある出店が並んでいました。
一角には飲食の屋台村があり、お腹が鳴るものがいっぱいで目移りしてしまいます。
そこかしこで、美味しそうに頬張りながら語らう人たち。
笑い声。
聞こえていた音楽の正体は、商店街の端にある山王日枝神社で行われていたジャズ・オーケストラのコンサートと、商店街の中間付近で演奏していたジャズ・バンドでした。
なんて贅沢な演出でしょう。
輪投げや、スライムづくりのブースでは子どもたちが大はしゃぎ。他にもフリーマーケットやスタンプラリー、クイズラリーなど、ナイトバザールをさらに楽しめるイベントが工夫されてありました。

出店しているのは商店街の人たちだけではありません。
7月に庄内の魅力を伝えるフリーマガジン『picnic』を発刊したクリエイティブチーム「いでは堂」による「ナイトピクニック」スペースや、蔵を利用したコミュニティスペース「みちくさ舎」の中ではタロット占いやヒーリングブースが行われていました。
また、商店街の端にあるデザイン事務所「IDEHA Creation」では、地元産のこだわりの食材や雑貨を作者本人が販売する「いではマルシェ」を開催。
各団体の若者たちが発信する文化に惹かれた人びとが集い、語りあい、どこも終始和気あいあいとしていました。

山王ナイトバザール②

出会ったいろんな人たちとお話しながら巡っていたら、あっという間に終わりの時間。
山王ナイトバザール」では、あちこちで若い人の活躍する姿が多く見受けられ、「庄内には元気な若者が集まっている!」という印象を受けました。
そして、みんなとっても楽しんでいる。
しかも、違う世代の人たちとも一緒になって、オープンに楽しんでいる。
学ぶことがたくさんあるなぁ、と思いながら商店街を後にしました。

山王商店街Facebook〉
https://www.facebook.com/sanno.street

(文責:黄木可也子)


スポンサーサイト



プロフィール

ぷらっとほーむ 「まどあかり」編集部

Author:ぷらっとほーむ 「まどあかり」編集部
山形市にある「NPOぷらっとほーむ」の〈若者の居場所づくり活動支援事業〉のブログです。
山形県内各地で活動している若者団体や個人のインタビュー、イベント情報や参加レポートなどを随時更新していきます。

2016年度の本事業は、〈一般財団法人 人間塾〉の助成を受けて取組んでいるものです。
〈一般財団法人 人間塾〉

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
その他カテゴリ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
まどあかりカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR