FC2ブログ

山形市コミュニティファンド 公開プレゼンテーション

 
7月26日(土)、山形市の霞城セントラルにて「山形市コミュニティファンド 公開プレゼンテーション」が行われたので、私自身も市民審査員の一人として「ぷらっとほーむ」の皆さんと一緒に参加してきました。

このプレゼンテーションは「山形市コミュニティファンド(市民活動支援基金)」が行なっている取り組みのひとつで、年に一回NPO法人や市民活動団体が集まって、これから取り組もうとしている新規事業を市民審査員たちに発表するというものです。
ひとつの団体につき、持ち時間は5分。
その中でどのような事業内容か、またそれを実行することにより、どのようなメリットが生まれるのかなどをプレゼンテーションしていきます。
市民審査員たちはそのプレゼンテーションを聞いて、事業内容の有用性だけではなく、「果たしてそれは本当に実行可能なのか」「その事業は予算に見合っているか」なども考慮した上で、良かったと思う団体に投票。
そして投票数の多かった10団体に、30万円を上限とした事業費が補助されるという仕組みになっています。

今回プレゼンテーションに参加した団体は全部で19団体。
もちろん「ぷらっとほーむ」も参加しています!
参加団体は「ぷらっとほーむ」のような若者支援を行っている団体から、障害者や高齢者をサポートする団体など様々。
またプレゼンテーションの方法も多種多様で、団体によって演劇形式で発表したり、パフォーマンスを披露したり、実に面白い。
「ぷらっとほ-む」では「見えない当事者に支援を届ける」という新事業を提案。
ももクロのBGMを掛けながら共同代表の滝口さんが、若年孤立者に支援情報を届ける社会的な回路をつくりだす取り組みを発表しました。
また他のどの団体も有用性が非常に高い新事業ばかりで、どれに投票しようか思わず迷ってしまいます。
私自身は正直、初めは市が主催するプレゼンテーションと聞いて少し堅いイメージを抱いていましたが、実際にはバラエティに富んだプレゼンテーション内容で最後の発表団体まで興味深く聞くことができました。
さて、全団体の発表が終わったあとは、いよいよ投票。
市民審査員は全19団体の中から、5つの団体を選んで投票することができます。果たしてどの団体が選ばれるのでしょうか?
 
投票結果の発表と認定証の授与は、昨年度に「山形市コミュニティファンド」が支援した団体の事例紹介を挟んだ後に行われました。
市民審査員が見守る中、投票数の多かった全10団体が発表されます。
そしてありがたいことに「ぷらっとほーむ」は投票数が3番目に多く、おかげさまで事業費をいただくことができました!
改めて「ぷらっとほーむ」がたくさんの方に支持されていることを実感。
自分自身も、そんな多くの方から注目されている「ぷらっとほーむ」の活動をこれからも手伝っていけたらと思いました。

今回こうして「山形市コミュニティファンド 公開プレゼンテーション」に初めて参加してみましたが、どのプレゼンテーションも分かりやすい上、発表方法も工夫されているので、とても参加しやすく感じました。
さらに様々な活動団体の取り組みを知ることもできて非常に良い勉強になったと思います。
地域貢献活動に興味のある方、来年度にぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

(文責:大原 克彰)
スポンサーサイト



プロフィール

ぷらっとほーむ 「まどあかり」編集部

Author:ぷらっとほーむ 「まどあかり」編集部
山形市にある「NPOぷらっとほーむ」の〈若者の居場所づくり活動支援事業〉のブログです。
山形県内各地で活動している若者団体や個人のインタビュー、イベント情報や参加レポートなどを随時更新していきます。

2016年度の本事業は、〈一般財団法人 人間塾〉の助成を受けて取組んでいるものです。
〈一般財団法人 人間塾〉

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
その他カテゴリ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
まどあかりカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR